ボルトとナット購入は業者を選ぶ【企業が求めていた商品】

ウーマン

業者を選ぶ

2人の男性

加工を行なっている業者では、スリット加工を設けているところもあります。スリット加工とは、長尺を用いた物を全て一定の短さや幅に合わせてカットしていく技術になっています。スリット加工が誕生する前までは、寸法を測った上で、サイズを合わせ、調整などを行なう作業が必要となっていたのです。そのため、時間や労働に手間がかかっていました。しかし、スリット加工方法が誕生したことで、要望された納期内に間に合わせられるようになりました。さらに、スリット加工の機械技術も進歩を遂げています。今では、マイクロのカットでも行なえるようになっているのです。さらに、スリット加工を行なっている業者の中には、ミシン目を付けることができるところもあります。

スリット加工と聞くとロール紙で行なうのが一般的と考えている企業は多いでしょう。ですが、スリット加工業者の中には、木材や金属などの固い素材でも加工することが可能となっているのです。一般的な機械で固い素材の物をスリット加工を行なってしまうと、機械の刃がボロボロになってしまうだけでなく、お預かりした商品にまで傷をつけてしまう可能性もあります。ですが、固い素材でもスリット加工をすることができる機械は、刃の構造も一般のスリット加工機械と違いますし、機械が圧をかける際の力も変わってくるのです。ですから、木材や金属のスリット加工を行なってもらう際は、固い素材にでも対応できる業者に依頼するようにしましょう。